FC2ブログ
topimage

2019-12

 - 2012.03.26 Mon

IMG_1406.jpg

ドロドロのヘドロが舞い上がるような池の中に、鯉。
自らが巻き上げた泥に、鮮やかな色をくすませながら進む。

その姿をもったいないと思うのは人間だけなんだろうね。

この鯉も、別に泥がイヤだなんて思っていないはず。
ていうか、キレイな水には、魚は棲まないと言うしね。
姿が見え放題の場所になんて、普通、危なくていられない。

水面に小さな波紋を残して、底へと沈んでいく。

キレイなもの、価値のあるものは、遠くにあって、手が届かなくて、なかなか見られないからいいんだろうね。

んでもって、そんなものに価値を見出すのが人間なんだろうね。
鯉は自分の体の模様を、どう思ってるんだろうね?

にほんブログ村 写真ブログへ 
     ↑         ↑
 ランキングに参加しています。どちらかポチッとしていただけたら幸せ。

● COMMENT ●

こんばんは 失礼します
錦鯉や金魚の遊泳は雅ですね 目で追ってしまいます
微生物を食べるから泳がせていた方が水がキレイだ
と言われていますが 排泄して 汚染されて・・・
なんというスパイラルでしょうか
人間はキレイな物には値段を付けてしまいますね
それに騙されて本来の価値を見失うのも人間ですね
高みをつくっておかなければならないようです

鯉の模様 その意識があるのなら
そこで地位が確立されて集団が作られ縄張り争いもw
ゆうゆうと泳いでいるのがボスですよきっとb

soraさんへ

こんばんは。

捕食・排泄・分解・吸収・成長・・・スパイラルですか。
いわゆるビオトープというやつですね。
1つの区画の中で、しっかりと食物連鎖が成り立ち、ほっといても生物が生存し続ける。
1度、鉢の中で睡蓮やメダカを入れて挑戦してみましたが、メダカが鳥や猫にやられて成り立ちませんでした。
残念。

人間は価値というものを、必ず価格に置きかえますよね。
万人共通・万国共通・いつの時代でも通用する価値というのが価格というのはなんとも悲しいものです。
価格が作る高みって、ものすごいものなんですね。

この写真を撮った時、他にも4尾ほど鯉がいましたが・・・どれも悠々と泳いでました(笑)。
どいつもこいつも、オレ様な鯉ばっかりだったのかもしれません!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miyakophotodiary.blog84.fc2.com/tb.php/389-cb596c61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

火 «  | BLOG TOP |  » 存在感

プロフィール

MIYAKO

Author:MIYAKO
自然風景中心に写真を撮っています。
「水・空・植物のある風景」がメインなのだが・・・?
主にデジカメ1眼。
最近、レンジファインダーと2眼レフが仲間入り。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (3)
風景写真 (325)
動物 (89)
風景写真(旅行先) (31)
植物 (202)
虫 (26)
名言 (18)
夜空 (17)
空 (28)
i-Phone (1)
京都 (21)
沖縄 (17)
子供 (4)
魚 (7)
建物 (17)
食べ物 (9)
看板・標識 (4)
日常風景 (24)
季節もの (5)
海 (1)
宙玉 (1)
水中写真 (18)

FC2カウンター

リンク

お気に召しましたら・・・

ランキングに参加してみました。

FC2Blog Ranking

ポチリ↑としていただけたら幸せです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム